So-net無料ブログ作成

松坂大輔の現在は?嫁の柴田倫世とは順調?

松坂大輔の現在が気になる・・・昔はすごかった!?



幾多の伝説を作り上げた平成の怪物こと

松坂大輔さんの現在の状況が気になった

ので、調べてみました。


松坂大輔投手は、青森県生まれの

東京育ちで、現在は36歳になりました。

甲子園を「平成の怪物」として注目を

浴びた松坂大輔投手ですが、横浜高校時代は、

「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌い

だったそうです。

とても予想外です(笑)

あれだけの実力があるから、練習をサボれるのかも

しれないですが・・・

練習する必要ないくらいの自信が

あったのでしょう(笑)

しかし、高校2年生の時の夏の神奈川大会準決勝で

松坂大輔投手の大暴投によるサヨナラ負けを

喫してから、目を覚ましたかのように猛練習を

始めたそうです。

高校3年生の時には150km/h超の球速を出すほどに

成長し、切れ味鋭いスライダーを武器に超高校級の

投手となりました。

完全に開花したという感じでしょうか。

そして、高校生活最後の夏の大会では

準々決勝でPL学園高校に延長17回という

長丁場の試合に250球を投げ完投勝利。

圧倒的な活躍で春・夏連覇を達成し、

横浜高校を卒業しました。


1998年のドラフト会議で西武ライオンズが

1位指名で交渉権を獲得し、入団することに

なりました。

デビュー戦で155km/hの球速を披露し、

8回2失点の好投で初勝利を記録し、

「平成の怪物」のプロ野球選手人生が

華々しく始まりました。

その後は、オリンピック代表やWBCの日本代表に

選ばれるなど、活躍を続けました。

2007年にはメジャー球団のボストン・レッドソックスへ

移籍しました。

レッドソックスが5111万1111ドル11セントで独占交渉権を

獲得したとされています。

当時のレートですが、

約60億1000万だそうです・・・

想像もつかない金額ですよね(笑)

ニューヨーク・メッツとも契約を結んだが

2年でシーズン終了後にフリーエージェントと

なりました。


そして、現在の所属球団である福岡ソフトバンク

ホークスへ入団しました。

3年で12億円という大型契約で・・・

ケガも多く入団当初から離脱していましたが、

2016年の10月にようやく日本復帰後初の1軍昇格を

果たしました。

しかし、好待遇にもかかわらず結果はまったく

出せておらず、松坂大輔投手が1球投げる金額が

約2050万円と言われています(笑)

それでも引退を表明せず、現役続行を示唆する

松坂大輔投手には、ファンや球団関係者からは

否定的な意見が相次いでいます。


松坂大輔の現在の家族状況は?



松坂大輔投手の嫁は元日本テレビアナウンサーの

柴田倫世さんということは有名ですよね。

美人でスタイルも抜群、そして知的でもある

柴田倫世さんが奥さんって羨ましいです(笑)

2人は2004年に結婚されました。

そして、2005年12月に長女が誕生し、

2008年3月には長男が誕生、さらに

2010年3月に次女が誕生しています。

ネットでは、「単身赴任」を理由に離婚危機に

さらされているという噂もありました・・・

しかし、現在のところは信憑性は薄そうです。

目立った女性関係もありませんし(笑)


松坂大輔の現在の契約状況!



2017年の今季が3年契約の3年目となる

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手

ですが、契約延長の可能性も出てきた

ようです。

推定年俸4億円と球団からの期待を大きく

背負って入団しましたが、1軍登板は1試合

のみで、現在も右肩の痛みからの復帰の

メドは立っていない状況だそうです。

すでに今季中の1軍マウンド登板は厳しいと

されていますが、球団側は松坂大輔投手の

意見を尊重する方針だそうで、本人が望めば

ラストチャンスを与えると・・・

このラストチャンスを活かして是非とも

輝かしい復活を遂げてほしいですね!!


最後までお読みいただきありがとうございました。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。